新潟ウェルネス - 健康診断と人間ドックの新潟県労働衛生医学協会

衛生管理者試験の公表問題と解説

 衛生管理者試験を受験される方へ、過去の試験問題に解説を記載して公表しております。試験対策にお使いください。
 また、衛生管理者試験を受験される方を対象とした、受験準備のための講習会も開催しておりますので、是非ご参加ください。

第1種衛生管理者受験対策セミナー 第2種衛生管理者受験対策セミナー

衛生管理者試験 試験問題・解説一覧

New 公表問題と解説(R1.10月)

公表問題と解説(H31.4月)

公表問題と解説(H30.10月)

公表問題と解説(H30.4月)

試験問題・解説例

ある製造業の事業場の労働者数及び有害業務等従事状況並びに産業医及び衛生管理者の選 任の状況は、次の①~③のとおりである。この事業場の産業医及び衛生管理者の選任についての法令 違反の状況に関する(1)~(5)の記述のうち、正しいものはどれか。 ただし、産業医及び衛生管理者の選任の特例はないものとする。
① 労働者数及び有害業務等従事状況

常時使用する労働者数は 8 0 0 人であり、このうち、深夜業を含む業務に常時 5 0 0 人が、著し く暑熱な場所における業務に常時 2 0 人が従事しているが、他に有害業務に従事している者はいない。

② 産業医の選任の状況

選任している産業医は1人である。この産業医は、この事業場に専属の者ではないが、産業医と しての法令の要件を満たしている医師である。

③ 衛生管理者の選任の状況

選任している衛生管理者は3人である。このうち1人は、この事業場に専属でない労働衛生コン サルタントで、衛生工学衛生管理者免許を有していない。 他の2人は、この事業場に専属で、共に衛生管理者としての業務以外の業務を兼任しており、ま た、第一種衛生管理者免許を有しているが、衛生工学衛生管理者免許を有していない。

(1)選任している産業医がこの事業場に専属でないことが違反である。
(2)選任している衛生管理者数が少ないことが違反である。
(3)衛生管理者として選任している労働衛生コンサルタントがこの事業場に専属でないことが違反 である。
(4)衛生工学衛生管理者免許を有する者のうちから選任した衛生管理者が1人もいないことが違反 である。
(5)専任の衛生管理者が1人もいないことが違反である。

※ クリックで回答を開きます
解答 :(1)
(1)正しい
 「深夜業を含む業務に常時 500 人以上の労働者を従事させる」場合は、その事業 場に専属の産業医を選任しなければならない。従って、選任している産業医がこの事業場に専属でないことは違反である。安衛則第 1 3 条(産業医等)第1項③。
(2)誤り
 「常時 5 0 0 人を超え 1 , 0 0 0 人以下の労働者を使用する事業場」に該当するため、少 なくとも3人以上の衛生管理者を選任しなければならない。従って、この設問の場合、衛生管理者の選任数についての違反はない。安衛則第7条(衛生管理者の選任)第1項④。
(3)誤り
 衛生管理者はその事業場に専属の者を選任しなければならないが、2人以上の衛生管理者を選任する場合で、当該衛生管理者の中に労働衛生コンサルタントがいるときは、当該衛生 管理者のうち1人については専属でなくてもよい。従って、この設問の場合、違反ではない。 安衛則第7条(衛生管理者の選任)第1項②。
(4)誤り
 「常時 5 0 0 人を超える労働者を使用する事業場で、著しく暑熱な場所における業務に常時 3 0 人以上の労働者を従事させる場合」は、衛生管理者のうち1人を衛生工学衛生管理者免許を有する者から選任しなければならない。設問の「著しく暑熱な場所における業務に常時 2 0人」は該当しないため、衛生工学衛生管理者免許を有する者のうちから選任した衛生管理者が1人もいないこと違反ではない。安衛則第7条(衛生管理者の選任)第1項⑥。
(5)誤り
 「著しく暑熱な場所における業務に常時 3 0 人以上の労働者を従事させるもの」は、少なくとも1人を専属の衛生管理者選任しなければならない。設問の「著しく暑熱な場所における業務に常時 2 0 人」は該当しないため、専任の衛生管理者が1人もいないことは違反ではない。安衛則第7条(衛生管理者の選任)第1項⑤。

健康診断・人間ドック・二次検査のご予約

ご希望のコースや日程が決まっている方は、こちらからご予約ください。