健康トピックス ?健康な暮らしのためのおすすめ情報?一覧へ

2018/12/27 

サルコペニアについて

   >> 印刷用PDFファイル

 サルコペニアとは、筋肉量が減少し、筋力や身体機能が低下している状態のことで、ギリシャ語のサルコ(筋肉)とペニア(喪失)という言葉を組み合わせた造語です。転倒、骨折、寝たきりなどの原因にもなるため、筋力低下を予防することが大切です。

サルコペニアの分類

 サルコペニアはその原因によって大きく2つに分類されます。

サルコペニアの自己チェック

 サルコぺニアの診断基準は、歩行速度、握力、筋肉量測定でおこなわれています。正確な診断は専門の医療機関でおこないますが、サルコペニアの自己チェックをすることができます。 

 ①横断歩道を青信号で渡り切れない

 ②手すりにつかまらずに階段を上れない

 ③ペットボトルのキャップが開けにくい

上記の①に加え、②③も当てはまる場合は要注意です。

サルコペニアの予防

①バランスのよい食事をこころがけましょう
 主食(ご飯・パン・麺)、主菜(肉・魚・卵・大豆製品)、副菜(野菜・海草・きのこ)を揃え、バランスの良い食事を1日3食とることが大切です。
 また、主菜は筋肉の材料となる「たんぱく質」を多く含みますので、赤身の肉・魚などの動物性たんぱく質と、大豆製品などの植物性たんぱく質をバランスよくとりましょう。

②運動習慣を持ちましょう
 筋肉量を増やし、筋力や身体機能を改善するためには、運動として下肢及び体幹の筋力トレーニングの実施と、低強度の有酸素運動が有効的とされています。ウォーキングなどの有酸素運動と、スクワットや腿あげなどの筋力トレーニングをおこないましょう。
なお、治療中の方は運動の実施について主治医にご相談ください。

③生活習慣を整えましょう
 睡眠不足、不規則な生活、強いストレス、喫煙、過度の飲酒などの生活習慣は、身体活動の低下や低栄養、生活習慣病などを引き起し、サルコペニアの要因をもたらします。毎日の生活リズムを整えることが大切です。

参考:健康長寿ネット
   ( 健康づくり推進部 源氏 富貴子 2019.1)

新潟ウェルネス