ホーム >> メールマガジンサンプル & 申し込み
  ウェルネス通信は当会の健康診断、人間ドックをご利用いただいた方にメールマガジンとして
  毎月配信しております。 ご希望の方は以下の申し込みフォームよりご登録をお願いいたします。 事業所のご担当者の方 健康診断、人間ドックを受診された方
▼サンプル

>> 印刷用PDFファイル

  新潟ウェルネス通信《Vol.289》〜健康づくり応援通信4月号〜

 

 月1回発行 企画・発行:一般社団法人 新潟県労働衛生医学協会

  ドライアイについて  
  2015.4.1号  
 
 ドライアイとは、涙の分泌量が減ったり、量は十分でも涙の質が低下することによって、目の表面を潤す力が低下した状態です。現在日本では、ドライアイの患者さんは2200万人いるといわれ、オフィスワーカーにおいては3人に1人がドライアイという報告があり、年々増加傾向にあります。
 ドライアイは、失明などの重篤な結果をもたらすことは少ない病気ですが、慢性的な目の不快感や疲れをもたらします。また、正常な方と比較して一定した視力で見ることが難しいといわれます。 
涙は目の表面を保護している
 目の表面には、角膜と結膜があります。角膜や結膜は傷つきやすいため、涙の薄い層が目の表面を覆って保護しています。涙は、涙腺という眼球の外上測にある組織で作られ、瞬きで目の表面に行き渡ります。大半は、目頭にある「涙点」という小さい穴から鼻の奥に排泄され、一部は目の表面から蒸発します。
 涙は、油層、水層、ムチン層という成分からなっており、それぞれバランスを保つことで涙の安定性を保っています。ドライアイの方は、涙の状態が不安定になり、かつ、蒸発しやすくなったり、眼表面が傷つきやすい状態になります。
 
皆さんは大丈夫?ドライアイをチェックしましょう
 一般的な原因として、環境因子によるものが多く、特にオフィスワーカーでは、デジタル機器を注視することで瞬きの回数が減り、目が疲れる、乾きやすくなるなど、目への影響が懸念されています。以下のチェックを行って、@自覚症状チェックで5つ以上、もしくはA10秒瞬き我慢チェックで、我慢できなかった方はドライアイの可能性があります。一度、眼科医に相談しましょう。
@自覚症状チェック
ドライアイには、以下のような様々な症状があらわれます。いくつ当てはまるでしょうか。
 □目が疲れる      □目に不快感がある    □目が重たい感じがする
 □光を見るとまぶしい  □目が乾いた感じがする  □目が痛い
 □涙が出る       □目がごろごろする    □ものがかすんで見える
 □目が赤い       □目がかゆい       □めやにが出る
A10秒瞬き我慢チェック
 10秒間瞬きをせずに目を開けてみましょう。開けていられますか。
日ごろからドライアイを予防しましょう
@パソコン作業などで画面に向かう時は、まばたきを意識的に増やしましょう。
A画面に照明や窓の光が映り込むなど、画面が見えづらくならない工夫をしましょう。
 また、文字は見やすい大きさにしましょう。
B空調の風が顔にあたると、目が乾きやすくなります。また、室内の乾燥にも注意が必要です。
 加湿器を置くなど、仕事環境を整えましょう。
C目が疲れたら、蒸しタオルをまぶたの上にのせ、5分程休憩することも有効と言われて
 います。
目の違和感など症状のある時は、早めに眼科を受診しましょう。

※参考/きょうの健康2014.11、日本眼科学会HP、ドライアイ研究会
 

新潟ウェルネス通信 〜健康づくり応援通信4月号〜 <健康づくり推進部 佐藤友紀/ 監修:労働衛生コンサルタント 野沢幸男>
企画・発行:一般社団法人 新潟県労働衛生医学協会
☆ご意見・ご感想はこちらまで >>> mailma@niwell.or.jp   ☆配信不要のご連絡はこちらまで >>> mailma@niwell.or.jp

copyright(c)2015 NIIGATA ASSOCIATION OF OCCUPATIONAL HEALTH ,INC. All right reserved.