ホーム >> 健康診断 >> 特定健診・特定保健指導 >> 新潟市にお住まいの方へ
新潟市にお住まいの方へ
40歳以上の新潟市国保加入者の皆さまへ
「特定健診」と「がん検診」を受診しましょう!
特定健診
 特定健康審査(特定健診)・特定保健指導は、平成20年度より、40歳から75歳未満の加入者を対象に実施しています。
 内臓脂肪型肥満を見つけるための腹囲測定、心臓病や脳卒中などの危険因子を判定するために効果的なLDLコレステロールなど「メタボリックシンドローム」の該当者や予備群をいちはやく見つけられる健診を実施します。
 健診結果から該当者や予備群と判定された方には、生活習慣を改善するための特定保健指導を実施します。
がん検診
日本人のおよそ2人に1人が、がんになるといわれています。
がん検診を定期的に受けましょう。
医学のめざましい進歩により、検診などで早期に発見された場合は、治る確率も高く、しかも軽い治療で済むようになってきました。症状がないまま進行するがんを早期に発見するには、健康だと感じていても定期的にがん検診を受けることが大切です。これまでがん検診を受けたことがなかった人も、今年はがん検診を一緒に受けてみませんか。
※75歳以上の方等で新潟県後期高齢者医療に加入している新潟市に住所のある方は、新潟県後期高齢者医療広域連合からの委託にもとづき、新潟市国民健康保険の実施する特定健診と同様の健診が受診できます。

健診料金

  • 対象年齢は、平成23年3月31日現在です。
  • 60歳以上は無料です。
  • 国保加入者の自己負担額は、新潟市国保から半額を助成した後の金額です。
検診の種類 対象年齢 国保加入者の
自己負担額
内容
特定健診
(特定健康調査)
施設 40歳〜59歳 1,500円 問診、身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)、診察、血圧測定、尿検査、血液検査(脂質検査、肝機能検査、血糖検査、腎機能検査、血清尿酸、血清総蛋白)
《医師が必要と認めた場合実施する検査》
貧血検査、心電図検査、眼底検査
60歳〜74歳 無料
胃がん検診 施設 40・45・50歳以上 1,700円 胃部X線直接撮影(バリウム)検査または胃部内視鏡(胃カメラ)検査のいずれかを選択
集団 40歳以上 450円 検診車による胃部X線間接撮影(バリウム)検査
大腸がん検診 施設 40歳以上 650円 免疫便潜血検査(2日法)
子宮がん検診 施設 20歳以上の
偶数年齢の女性
1,000円
(体部受診1,550円)
視診・細胞診検査(頸部)
医師が必要と認めた場合、体部検査を追加
乳がん検診 集団 40歳以上の
偶数年齢の女性
○マンモグラフィ検査
40歳代(2方向撮影) 650円
50歳以上(1方向撮影) 450円
検診車によるマンモグラフィ検査(乳房X線撮影検査)
施設 ○視触診検査
450円
マンモグラフィ検査後、希望者は医療機関での視触診検査
前立腺がん検診 施設 50歳から5歳間隔の年齢に該当する男性 350円 血液検査(PSA検査)
肝炎ウィルス検診 施設 過去に一度も検査を受けたことがない方 無料 問診、血液検査(B型、C型肝炎ウィルス検査)
肺がん検診 集団 40歳以上 無料
(喀痰検査350円)
検診車による胸部X線間接撮影
問診の結果、該当する方には喀痰細胞診検査

健診の流れ

1.受診券が届く
新潟市各種健診受診券平成23年4月1日に新潟市より発送されています。
※特定健診やがん検診の受診券をなくされた方は……
最寄りの区役所健康福祉課健康増進係に健康保険証をご持参いただければ、その場で再発行いたします。
2.受診先を選ぶ
「特定健診」と「がん検診」は一緒に受けられます。
新潟県労働衛生医学協会では以下の会場で実施しております。
新潟集団検診センター
新潟集団検診センター
(JR白山駅近く)
プラーカ健康増進センター
プラーカ健康増進センター
(新潟駅南プラーカ3)

新津成人病検診センター
(秋葉区役所隣)
※新潟市国保加入者以外の方で、職場等で受診機会のないと思われる方には、「がん検診」の受診券を新潟市から発送しています。
また、「特定健診」の受診券は健康保険証の発行元へお問い合わせください。
3.受診する
受診当日は、「保険証」「受診券」を持参してください。
※「質問票」は、受診券郵送の際に同封されています。あらかじめご記入の上、ご持参ください。
 
 
4.結果の通知
健診結果から、メタボリックシンドロームの該当者や予備群を判定します。
 
 
5.特定保健指導を受ける
自己負担金額 0円
保健指導が必要となった方に、区役所健康福祉課から「ご案内」を郵送します。生活習慣病の改善を保健師・栄養士が支援します。