ホーム >> 労働衛生教育 >> 廃棄物の焼却施設に関する業務に係る特別教育

廃棄物の焼却施設に関する業務に係る特別教育

 ダイオキシン類の人体への健康影響については、人体に対する発ガン性・生殖機能・免疫機能低下、催奇形成などが指摘されています。
 労働安全衛生法第59条第3項および労働安全衛生規則第36条の規定により、廃棄物焼却施設内におけるダイオキシン類ばく露防止のため、その取扱者、設備の保守点検者、施設・設備の解体作業労働者に対し、安全衛生特別教育の実施が義務づけられています。