ホーム >> 人間ドック >> 日帰り人間ドック
日帰り人間ドック
一日かけてじっくりと検診。ご好評の昼食もぜひお楽しみください。
 日帰り人間ドックでは、午前中に主な検査を行い、すこやか弁当で昼食をとっていただいた後、午後からトリム体操や健康講話、午前中の検査結果に基づいた総合診断、栄養指導などを行います。

 人間ドックで発見される病気の多くは、日々の生活習慣(食事・運動不足・喫煙・飲酒・過労等)によって引き起こされます。最近では、精神的ストレスも見逃せません。

 当会の人間ドックは、病気を早期発見するだけでなく、受診される方の生活状況調査や体力テストも併行して実施しており、医師による診察の他、栄養士・トレーナーによる栄養指導・運動指導を実施し、必要に応じた保健師による事後指導、および紹介状の発行など、アフターフォローを充実させています。
日帰り人間ドック
ご利用料金
41,040円
(本体価格38,000円+
消費税2,040円)

日帰り人間ドックの流れ

受付
「おはようございます!」 スタッフが皆さまをお待ちしております。

質問票、便スティック等をお出しください。
また、オプション検査の受付もいたします。

※健保組合等で提出される書類がありましたら一緒にお出しください。
更衣〜採尿
専用のトレーニングウェアに着替えたら、まずは尿検査です。
尿蛋白や尿糖、尿潜血などを調べます。

※生理中の方はお知らせください。

ここでわかることは?
●腎臓、膀胱、尿道の異常   ●糖尿病の発見  など
採 血
採血時に不安のある方は、ご遠慮なくお申し出ください。
血液を採取し、血液中の成分の量を調べます。血液は全身を循環しているので、その成分の量から、からだのどこに異常が生じたのかを推測することが出来ます。

(注)採血後は、内出血しやすくなっています。
もんだり、たたいたりせずに3分位手で 押さえてください。


ここでわかることは?
●貧血、脂質異常症、肝臓機能、腎臓機能の判定
オリエンテーション
本日の検査の流れや注意点などをスタッフが説明いたします。
身体計測・視力検査・聴力検査・血圧測定
[ 身体測定 ]
身長、体重を計り肥満度を出し、太りすぎ、やせすぎを調べます。
さらに、メタボリックシンドロームの診断を行うため、腹囲を測定します。

[ 聴力検査 ]
レシーバーを耳にあてて、レシーバーからの音が聞こえるか調べます。
聞こえたらボタンを押してください。

[ 血圧測定 ]
最大血圧・最小血圧を測定します。
血液の循環により動脈がうける圧力が血圧です。食事や運動・ストレスなどいろいろな要素で変動します。血圧が高めの方は自覚症状がなくても定期的に血圧測定を行なってください。

ここでわかることは?
●肥満度 ●視力
●周波数や強さによる聴こえの程度●難聴の程度
●最高、最低血圧 ●高血圧症の発見   など
胸部・胃部 X線検査
[ 胸部X線検査 ]
「大きく息をすって、はい止めて!」で終了です。
胸部のレントゲン写真で、結核、炎症性疾患などの胸の病気や、気管支や心臓、肺などの状態を調べる検査です。

[ 胃部X線検査 ]
バリウムを飲んで写真を撮ります。
撮影台が上下左右に動きます。しっかりレバーを握っていてください。
食道・胃・十二指腸などを検査して、がん、潰瘍をはじめ胃の形状や粘膜の荒れ、ポリープなどを調べます。

(注)妊娠中の方は検査できません。係へお知らせください。

ここでわかることは?
●肺、気管の病気●心臓の大きさ
●胃、食道の病気●十二指腸の病気   など
体力測定
筋力や柔軟性など、6項目の体力要素を測定します。
快適な日常生活を送るための基本となる体力の状況を把握して、自分に適した運動の選択にお役立てください。

ここでわかることは?
●体力年齢●過去5年間の体力の推移 など
眼底検査
[ 眼底検査 ]
一瞬光をあてて片目を撮影します。マバタキを我慢するのがコツです。
眼底の血管は、外から見ることのできる血管の中で、もっとも鮮明に観察できるため、動脈硬化や脳卒中などの脳の病気の早期発見に有効な検査です。

[ 眼圧検査 ]
眼圧を測定し、緑内障などの病気発見の手掛かりを得るための検査です。

(注)治療中の方は係にご相談ください。

ここでわかることは?
●眼底血管の動脈硬化性変化 ●緑内障  など
心電図検査
左右の手足にクリップを、胸に6つの吸盤を付けて検査を行います。3〜5分間程度で終了します。

心臓が動くときに発生するわずかな電流を読みとって心臓の状態や心機能を調べる検査です。不整脈や心臓肥大、心筋梗塞などの発見に欠かせない検査です。

ここでわかることは?
●心臓の病気●脈拍の不整●動脈硬化性心疾患  など
超音波検査
体表面から臓器に超音波を当てて、反射波をコンピュータで画像化して調べます。腹部にゼリーを塗り、超音波を送受信するプローブとよばれるものを体にあてて、腹部の臓器や、乳腺・甲状腺などを検査します。

※腸管内のガスや体型等によって長く時間がかかることがあります。

ここでわかることは?
●肝臓、腎臓、膵臓、胆のうの病気、腹部の腫瘍、結石の発見  など
肺機能検査
息をいっぱい吸い込んだら、マウスピースをしっかりくわえ、最後まで吐き出してください。スパイロメーターという機器を使って肺に空気を入れたり出したりする働きを検査します。肺から出された空気の量を測定します。

ここでわかることは?
●肺活量  など
診 察
医師が内科診察をいたします。
またお身体の状態などを質問いたしますので自覚症状などをお話ください。

ここでわかることは?
●心雑音の有無●皮膚の状態●全身の状態  など
昼 食
栄養バランスを考えた健康的な食事をお召し上がり下さい。

>> こちらから詳細をご覧いただけます
トリム体操・健康講話
結果が出るまでの待ち時間を利用して実施いたします。

心と身体のリフレッシュ!
トリム体操で手軽にできる健康法を体験してください。健康講話は幅広い知識をコンパクトにまとめています。

※日によってテーマが替わりますのでご了承ください。
総合診断
午前中の検査データをもとに医師が個別面接して検査結果を説明いたします。

ここでわかることは?
●前回値との比較
●日常生活の注意事項
●精密検査が必要な場合の紹介状の発行
栄養相談・運動相談
当日の検査データから栄養士、トレーナー等の専門スタッフが、皆さまおひとりおひとりに結果を説明し、好ましい日常生活と食生活等についてアドバイスいたします。

ここでわかることは?
●栄養のバランス
●食事の取り方について
●簡単な運動の方法  など